猫好きのための猫グッズ.com

全猫類のための生活しやすくなる為のグッズを紹介するにゃ

猫はチョコレートがおいしいと思わない

チョコレートに含まれるテオブロミンという物質は犬猫の体内では分解されず蓄積してしまいます。
そのため、一定の摂取量を超えると興奮や頻脈、嘔吐や下痢、重篤な場合は痙攣発作などを起こし死に至る場合もあります。
チョコレート中毒といわれます。

アニコム損保の保険請求金件数を見ると、チョコレート中毒は2月にもっとも多く発生しています。
実際に愛犬のチョコ誤飲を経験した飼い主さんの話では、「食べさせてはいけないとは知っていたが少し目を放した隙に」 「まさかテーブルの上のものまで食べると思わなかった」など一瞬の油断で誤飲が起きていることがわかります。

犬や猫はチョコレートがおいしいと感じるのでしょうか。

犬はチョコレートをおいしいと思うみたい

犬の味覚は人間より劣りますが、「糖分の甘み」を感じることができます。
また犬の嗅覚は鋭く、においの種類によっては人間の1億倍も感知すると言われています。
一度食べたチョコの味を覚えて誤飲を繰り返してしまうケースも多いようです。
犬はチョコレートがおいしいと思うんですね。

猫はチョコレートがおいしいと思わない

猫は甘みを感じる舌の細胞が退化しているため、「糖分の甘味」を感じることができません。
そのため、チョコレート誤飲の件数を比べると圧倒的に犬が多い結果になっています。

誤飲防止のためにはチョコレートは必ず引き出しなどに入れましょう。
バレンタインチョコなどを置きっぱなしにするのはよくないですね。

楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2015 猫好きのための猫グッズ.com All Rights Reserved.
意見を参考にして自分似合った商品を選ぼう。レビューを読んで利用者の感想を聞くのもおすすめです。