猫好きのための猫グッズ.com

全猫類のための生活しやすくなる為のグッズを紹介するにゃ

熱中症の猫の特徴と調べる方法

暑さが続く夏は人間より体温の高い犬や猫などのペットにとって辛い季節。
犬や猫も熱中症や夏バテになる。夏を乗り切るためにはどう過ごさせればいいか?
ペットは自分で症状を訴えることができないので、飼い主が管理することが重要。

人間には汗腺があり、汗をかき、蒸発することで自分の体温を調節できる。
しかしペットはほとんど汗腺がなく、呼吸で体温を調節するため体に熱がこもりやすい。
地表が近いため照り返しの熱も受ける。
足の短いコーギーやお腹のの垂れ下がったデブネコなんて大変です。

肥満や呼吸器系に病気があると熱中症になりやすいです。
足の短い犬種や、北方出身の犬種、呼吸器系が発達していない子犬、呼吸機能が低下する高齢者も注意です。

熱中症の猫の特徴と調べる方法

●呼吸が速くなる
●よだれも出るようになる
●ひどくなるとふらつく
●おう吐や下痢の症状も現れる
●最悪の場合死んでしまう

まず皮膚をつまんで、脱水症状かどうかを確認する。
皮膚がすぐに戻らなければ水分が足りていない。

熱中症のペットの対処と予防方法

●ペットの熱中症の対処方法

体が熱かったらタオルでくるんだ保冷剤で内股、脇の下など熱のこもりやすい、人間と同じで重要な血管のある場所を冷やす。
通気性の良い場所へ移動させ、場合によっては冷水をかける。
水を飲ませ、症状が落ち着くようなら様子を見てもいいが、 様子が変わらなければ動物病院へ連れて行く。

●ペットの熱中症の予防方法

熱中症の予防には、高温高湿の場所は避ける、水分補給をしっかり行うことが大切。
散歩も早朝や夕方などの暑い時間はさける。
人間の体感温度よりも犬は熱く感じている。

よく、ベビーカーに乗る赤ちゃん、幼児は背が低く、体が地面から近いので、 焼けたアスファルトなどで体感温度は大人よりも高いです。
暑い時期にはペットの体感温度も高くなるし、飼い主も高齢ならば一緒に熱中症には注意しないといけませんね。

ペットを置いて出かける熱中症対策

犬を家において出かけるなら室内が熱くならないようにエアコンは25〜27度に設定し、 水も数か所に分けこぼれないように置いておく。
どうしても心配な場合は、ペットホテルなどに預けるのもいい。

猫の場合は犬よりも熱中症になりにくい。
ただ症状がわかりにくいため、重症化しやすい。
口をあけてハアハアしていたらかなり症状が重い状態。
体がいつもより熱くないか気を付けよう。

暑さが和らぐと犬も猫も夏バテがある。
食欲不振などの症状がでるが、別の病気ということもある。
夏バテだろうと安易に判断せず、具合が悪ければ動物病院へ受診しよう。

楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2015 猫好きのための猫グッズ.com All Rights Reserved.
意見を参考にして自分似合った商品を選ぼう。レビューを読んで利用者の感想を聞くのもおすすめです。